耐震診断して家族を守ろう

いつ何時発生するかわからない大地震。
特に築年数の古い家屋に住んでいれば、地震による家屋倒壊などが心配です。
家族の生命や大切な財産を守るための家。
東日本大震災では、津波による比被害が大きく、東北三県での沿岸部では、家屋倒壊が地震によるものなのか津波によるものなのかわからない状況ですが、間違いなく言えることは、耐震基準を満たしていた建物に住んでいた方は、地震後の津波が来る間、逃げる準備もよりいっそうできただろうと思われます。
阪神淡路大震災では、耐震基準を満たしていた家は、満たしていなかった家の数倍は倒壊率も低かったといわれています。
1981年にできた耐震基準ですが、それ以後の家屋であっても、姉歯ヒューザーのような業者は多く、基準監督するべき省庁が機能していなかった事実もあり、決して安心はできません。
そうならないためにも、不安を感じたら、耐震診断はしておくべきもの。
最近は築年数に応じて、耐震診断の助成金を支給してくれる自治体もあり、是非これを活用すべきです。
そのためにも、耐震診断資格者に診断してもらうことが重要です。